2019年06月16日

韓国人「日本映画『ラブレター』の後、人生映画として選ばれる日本のロマンス映画」

0_Dberd.webp



※海外の反応、韓国の反応です。こちらは、映画「ジョゼと虎と魚たち」について、韓国の掲示板投稿を翻訳しています。
「人生映画」とは人生において最高な映画という意味です。



1_cGbrj.webp

2_MIYuY.webp

3_riOTd.webp


※映画「ジョゼと虎と魚たち」は、田辺聖子原作、妻夫木聡、池脇千鶴主演、2003年の日本映画。
あらすじ:恒夫は深夜の麻雀ゲームセンターでアルバイトをする大学生。 最近そこの最も大きな話題は、毎晩、ベビーカーを引いて歩いているおばあちゃんの話だ。 そんなある日の夜明け、恒夫は坂道を走って降りてくるベビーカーと出会うのだが、驚くべきことに、その中には一人の少女がいた・・・

現在、韓国でリメイク作を製作中。ハン・ジミン、ナム・ジュヒョク出演。
3c24497313233979b7114b5f041388f1.jpg
関連記事:
韓国人「日本では失敗したが韓国では大ヒットした日本映画『Love Letter』について」



[翻訳元]https://theqoo.net/1120599045






  1. どこかの韓国人 2019-06-15 20:41:24
    そう言うが、これは好みが両極端に分かれる。



  2. どこかの韓国人 2019-06-15 20:41:57
    その映画、あまりにも寂しい。



  3. どこかの韓国人 2019-06-15 20:42:03
    おー、初めて聞いた映画なんだけど。



  4. どこかの韓国人 2019-06-15 20:42:32
    あまりにも現実的だよ。



  5. どこかの韓国人 2019-06-15 20:42:56
    「いま会いにゆきます」ではないのか。



  6. どこかの韓国人 2019-06-15 20:43:01
    これは無い。



  7. どこかの韓国人 2019-06-15 20:43:33
    好きな人は多い。



  8. どこかの韓国人 2019-06-15 20:44:06
    個人的には、あんまりだった(TT)



  9. どこかの韓国人 2019-06-15 20:44:06
    最高だ。



  10. どこかの韓国人 2019-06-15 20:44:29
    「ラブレター」もこれも、韓国が唯一高評価しているみたい・・・「ラブレター」を知らない日本人が多くて。



  11. どこかの韓国人 2019-06-15 20:44:50
    これは本当に、妻夫木の顔と演技がすべてだ。



  12. どこかの韓国人 2019-06-15 20:44:59
    NO共感。



  13. どこかの韓国人 2019-06-15 20:45:07
    本当に好き嫌いが克明みたい。私は嫌い。



  14. どこかの韓国人 2019-06-15 20:45:18
    ロマンスだと言える映画では無いでしょ。



  15. どこかの韓国人 2019-06-15 20:45:44
    私は「ラブレター」もロマンスなのか分からない・・・ストーリーはあんまりで、ただ映像美が優れてる。



  16. どこかの韓国人 2019-06-15 20:46:21
    これ良かったと思う。やけに現実的で。



  17. どこかの韓国人 2019-06-15 20:52:54
    正直、期待して見に行ったが、かなり面白くなかった。



  18. どこかの韓国人 2019-06-15 20:52:54
    これ面白くて、セリフも響くし、とても現実的で本当に余韻がハンパなかった。



  19. どこかの韓国人 2019-06-15 20:53:01
    私は結末があんまりで二度は見ることがないが・・・これをなぜリメイクするのか分からない。



  20. どこかの韓国人 2019-06-15 20:54:20
    私の人生映画だ(TT)(TT)(TT)現実的で、さらに響いた。



  21. どこかの韓国人 2019-06-15 20:55:21
    私には良すぎて、知人が本当に分からないと言うのにびっくりした。私は本まで買ったんだけど。



  22. どこかの韓国人 2019-06-15 20:55:44
    おーこれは本当に好き嫌いが分かれるだろうな。



  23. どこかの韓国人 2019-06-15 20:55:44
    私は良かったよ。



  24. どこかの韓国人 2019-06-15 20:56:07
    私が本当に好きな映画だ。



  25. どこかの韓国人 2019-06-15 20:58:31
    私は「ラブレター」があんまりで、これがはるかに良かったよ。
    これも人生映画まででは無いし。



  26. どこかの韓国人 2019-06-15 21:00:27
    よく出来た映画だとは思った。個人的には見て気分が悪くなった映画なので、嫌いだった。



  27. どこかの韓国人 2019-06-15 21:20:20
    私は好きじゃなかったけど、数年たって振り返ってみると良いと思うようになった。





いつもアクセス及び秀逸なコメントをありがとうございます。


人気ブログランキングに参加中です
1クリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ にほんブログ村
posted by 花水木 at 07:31 | Comment(6) | 韓国の反応
この記事へのコメント
なあ、韓国人
何を今更工作してんだ?キモチワルイ。
日本が作ったモンは全部焼き払うか記憶から消去してこそ朝鮮人だ。
1000年恨んで生きろ!擦り寄るな。
Posted by どこかの日本人 at 2019年06月16日 09:19
なあ、韓国人
何を今更工作してんだ?キモチワルイ。
日本が作ったモンは全部焼き払うか記憶から消去してこそ朝鮮人だ。
1000年恨んで生きろ!擦り寄るな。
Posted by どこかの日本人 at 2019年06月16日 10:39
関根恵子のじゃないのか・・・
Posted by どこかの日本人 at 2019年06月16日 12:57
こっち見んなキモイ!
Posted by どこかの日本人 at 2019年06月16日 19:59
最後は本当に現実…
綺麗事ばかり言ってちゃ誰も幸せになんてできない
Posted by ばんば at 2019年06月16日 21:47


 ネトウヨの浸透を許している自衛隊の危機

「私は、保守を自任していますが、いまの自衛隊はさすがにマズい。このままでは、将来の司令官たる将官の卵たちの頭の中が、ネトウヨ思想 に汚染されてしまいます」(防衛省中堅幹部)

始まりは2016年6月、海上自衛隊の幹部学校(以下、海幹校)に、1人の女性がやってきたことだった。
彼女の名は吉木誉絵(31歳) コンス竹田こと竹田恒泰の弟子を名乗り、古事記アーティストなる肩書で佐久弥レイという芸名も持っている。
「吉木って、いったい誰だって話になって・・ 海幹校の客員研究員は、ただの名誉職ではありません。
海幹校へ自由な出入りが許され、各国軍の関係者が出席するレクや、一般には公開されない防衛研究所のデータベースへのアクセス権も与えられます。
招聘された客員研究員が、その立場に相応しい方であれば、自衛隊にとっても非常に意義のある制度だとは思いますが・・
吉木なんてただのネトウヨで、研究者でも何でもないですからね。  おまけに統一教会の関係者じゃないですか」(前出:中堅幹部)



幼少期から「宿命の子」と持て囃された安倍晋三さん、単なるガイジだったw
安倍晋三さん、西日本が未曾有の災害で酷い状況。 死者が200人を超える中、議員宿舎で酒盛りして二日酔いで何もできず(赤坂自民亭と称してバカ騒ぎ)、 自慢の下痢も悪化か
参院選 安倍 税金 オルバス ひめ企画 今治 加計学園 奴隷労働 香港 韓国 憲法改正 ナチス 高須 闇営業 吉本
岩崎隆一はネトウヨだった  日頃から、竹田恒泰 ケントギルバート などの本を熱心に読んでいた!
丸山ほだか 天安門 HUAWEI DAPPI DAPPUN 安倍の下痢 安倍晋三記念小学校 イラン 安倍晋三相続税脱税事件 年金2000万 佐竹 イージスアショア 秋田
安倍晋三が、詐欺企業ジャパンライフ(詐欺 恐喝 偽造 窃盗)の広告塔を務めていた!
金正恩とトランプが板門店にて、3回目の米朝会談  事前の予想通り、蚊帳の外に置かれた安倍晋三w
安倍晋三さん、不妊手術を強制されていた?  旧優生保護法の犠牲者か
蚊帳の外に焦る安倍晋三、地元入りの際に北朝鮮系飲食店で会食  土下座外交へ方針転換か
Posted by  勝俣一生  永井  塚林弘樹  at 2019年07月02日 22:04
いつもコメントをありがとうございます!!参考になります。
お名前: [必須入力]

コメント:


<a href="http://blog.with2.net/link.php?1851136">人気ブログランキングに参加中です</a><a href="http://blog.with2.net/link.php?1851136:1750" title="海外ニュース ブログランキングへ"><img src="http://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1750_1.gif" width="110" height="31" border="0" /></a><br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?1851136:1750" style="font-size:12px;">クリックお願いします。</a>